コンバージョンの為のWEBマーケティング戦略

WEBマーケティング戦略において、ターゲットを効率的にコンバージョンに結びつけるには、ホームページやサイトの制作でのコピーライティングが重要になります。商品サイト等のWEBサイトを構成する内容としては、キャッチコピーがユーザーの目にとまりやすく、購買意欲に大きく関係するからです。それは、人間がイメージを重んじる生き物であるからで、画像や動画以上に、言葉に価値を置いているからです。どんなに魅力的な商品の画像を載せても、添えられているキャッチコピーに訴求力が無ければ、コンバージョンにつながる確率は低くなるわけです。コピーライティング自体は、インターネットが普及する以前から存在しており、テレビやラジオをはじめ、新聞や雑誌などのメディアで活用されてきました。その中で、一つの文化として育まれてきており、成熟した世界を築いているわけです。

コピーライティングの世界は、一つの円熟した文化として私達の生活に根付いています。それ故、WEBマーケティングに於いては、商品やサービスを宣伝する上で、切っても切れない関係にあると言えます。何よりも、検索ユーザーが最初に目にするのが、最小限の言葉で表現されるキャッチコピーになっています。そして、商品やサービスの説明が一目で分からなければ、他のサイトに直ぐに移ってしまうことになります。それ故、簡潔で魅力的なキャッチコピーがユーザーを引き止める力を持っているわけです。実際、リスティング広告を含めたWeb広告において、キャッチコピーの与える影響が数値に表れています。特に、検索エンジンの結果に連動するリスティング広告では、コピーの良し悪しがそのままコンバージョンの成果に繋がっています。

WEBマーケティングにおけるPCP広告では、単にクリック数を増加させるだけが、キャッチコピーの役割ではありません。商品ページに誘導したり、コンバージョンに繋げて、成果としてカウントされることになります。その一環として、現在はコンテンツマーケティングが注目されており、商品力を高めるコピーの存在感が増しています。加えて、SNSを使った拡散戦略においても、記事のタイトルや投稿文の内容に工夫を凝らすことで、さらに拡散性を高めることが可能になります。その為には、先ず、ターゲット層が求める情報を整理する必要があります。そして、ターゲット層の自社商品やサービスに関して、どれくらい認知しているのかをリサーチし、商品価値をアピールするチャンネルを増やすことが、何よりも重要になるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です