初心者によるWEBマーケティングのポイント

WEBマーケティングといえば、一般的にBtoCのマーケティングを指しますが、一方、企業を対象とするBtoBのWebマーケティングがあります。BtoBに関しては、商材やサービスが専門的になるため、分かりづらいという側面があります。また、相手が企業となるため、個人の消費者よりも厳しく審査される傾向もあります。それでも、BtoBのマーケティングは決して難しいものではなく、適切な手法に則って行えば、マーケティング初心者でも確実に成果につなげることが出来ます。その為には、先ず、BtoBとBtoCの手法の違いを理解しておくことが大事になります。BtoBに関しては、ターゲットとなる企業が限られるので、一つの手法に資金をつぎ込むことが出来ません。

BtoBにおけるWEBマーケティングでは、複数のチャンネルでのアプローチが肝心ですが、具体的にはリスティング広告やSEOなどの併用となります。肝心なのは様々な手法を網羅的に行うことで、如何にバランスを保つかがポイントになります。但し、扱う商材やサービスに応じて、リスティング広告などの種類を選ぶ必要があり、実績に応じて取捨選択することが肝心になるわけです。マーケティングの当初は、市場環境や競合状況、そして商品特性に関する過去の知見に基づいて、マーケティング戦略を立てることになります。但し、大切なのは過去の成功体験に囚われないことで、市場は生き物だという意識が何よりも必要になります。

初心者による一般的なWEBマーケティングでは、SEOの専門会社などに全て任せる傾向がありますが、BtoBの場合は様々な手法を網羅することが肝心だと分かりました。それ故、リスティング専門会社などに依頼する場合でも、多彩な手法に精通しつつ、その結果の精査を頻繁に実施する会社を選択するのが安心だと言えます。但し、マーケティングの主役はあくまで依頼主の側なので自社のターゲットを明確にしておくことが大切です。その為には、ターゲットを細かく分類することが有効となり、自社の商材などが如何なる価値を提供できるかで4つのタイプに分けられます。1つ目が、自社の商材やサービスに高い価値があり、その知識にも精通しているタイプ。2つ目が、高い価値がありつつ、知識が低いタイプ。3つ目が、価値は低いものの、商材などの知識が豊富なタイプ。そして4つ目が、価値も知識もないタイプとなります。この中で、一つ目は、特にマーケティングを行わなくても、進んでコンバージョンに繋がります。それ故、最も注力すべきは2つ目のタイプとなり、その次に3つ目のタイプを戦略に加えれば良いわけです。

売れるホームページ制作と売れないホームページ制作の違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です