検索を有効利用するWEBマーケティングに今求められるモノ

従来型のマス広告ではユーザーにメッセージが届かない時代になりました。

テレビでCMを流したり、番組で取り扱ってもらえば商品が売れる時代は終わりつつあります。若者層を中心にテレビを見ない、持っていない割合が増加を続け、より多様な広告の方法が求められています。今やWEBマーケティングは欠かすことの出来ない分野になっています。

WEBマーケティングにおける競争が激化の一途をたどっています。

マーケティング業界において、ユーザーの在り方の変化とともに問題になっているのは、広告主側の競争激化にともなうコスト上昇です。WEBマーケティングの参入者は増加の一途を辿り、どんな通販サイトでも取り組んでいると言っても過言ではありません。コストのかかるリスティング広告などを効果的に使うためには、莫大な資金が求められるようになって来ています。そんな中で注目されているのがコンテンツマーケティングです。WEBマーケッターの70%がコンテンツマーケティングを活用しているというデータもあります。

コンテンツマーケティングは、ユーザーのターゲットを絞り込み、そのユーザーにとって有益と思われるコンテンツを作成することで、関心を引き見込み顧客を獲得する手法です。ブログ記事や動画などはもちろん、オフラインのセミナーや説明会などもこれに当たります。一発勝負的な大手検索サイトに出すリスティング広告やフラッシュ動画広告とは違い、コンテンツが自社に蓄積することで資産となり、コストを無駄にせず短期的な変動に左右されないというメリットがあります。

関連したワードとして、コンテンツSEOと呼ばれている方法も良く聞かれます。コンテンツSEOとは自然検索からの集客やソーシャルメディアからの集客の手法で検索結果によりユーザーが必要とするコンテンツを表示させる考え方です。

最も大事なのは最終到達地のホームページです。

これらのWEBマーケティングは最終的には自社サイトへの誘導を目的にしているもので、自社サイトでユーザーを引き付けられなければ全く意味がありません。そこでLPOやweb接待といった手法も近年重要視されています。 LPOはランディングページ最適化を意味し、誘導されたユーザーにより有益な形での情報発信を行うものです。 LPO、EFO(webフォーム最適化)などを効果的に見せるためには、何と言ってもホームページ作成が重要であり、web製作会社の選定は失敗の出来ない最重要課題なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です